平安時代から巫者(シャーマン)に伝わる和歌占いで、神さまのメッセージをいただく!

今あなたが気になることを、

歌占カードに聞いてみませんか?

イエスかノーで答えられるような

シンプルな質問を考えてください。

 

“ちはやふる 神の子どもの集まりて

作りし(うらは まさしかりけり”

という呪(じゅかを3回唱えてから…

 

下の8枚のうちの1枚を選んで

「ここだ!」というタイミングで

クリックしてみましょう!

(呪歌:神さまを占いの場に招き寄せ、占いが的中するよう祈るための呪文の歌)

この中の1枚をクリック!

夜間飛行Yahoo!ショッピング店で買う

夜間飛行Yahoo!ショッピング店で購入すれば、送料無料!

歌占カード特製開運シール付き!!

完全解説付き

歌占カード 猫づくし

 

成蹊大文学部教授 平野多恵・著

遠藤拓人・絵

定価本体:3,600円+税

占ってよし、歴史解説を楽しんでもよし、

和歌の言霊を味わう、あるいは猫を愛でるもよし!

今までになかったオラクルカードブック!!

[カード32枚]

いにしえの和歌と可愛い猫の絵入り。

[ブックレット内容]

前半=カード1枚毎の詳細な占い結果

後半=信頼のおける歌占の歴史解説

歌は、生きていくための呪文。

それを指先からじんじん感じ取ることができる。

なんて画期的!

(東直子 歌人・作家)

 

これぞオラクル(神託)の原点にして最先端!

(鏡リュウジ 占星術研究家)

はじめての

歌占カード講座

[講師]平野多恵(成蹊大学文学部教授)

[聞き手]鏡リュウジ

2017.1.20[金]

19:00〜20:45[18:30開場]

終了後、サイン会あり

おみくじの源流であり、日本古来の由緒正しい和歌の占い、「歌占」。

 

スサノオノミコトの和歌「八重垣」以来、日本の神さまは和歌を詠むと考えられ、お告げを和歌で示されたのがその起源です。

 

本講座では、「歌占」の歴史的な解説と実際の占い方をお教えします。

会場:3rd_PAGE(東京・青山)

〒107-0062 東京都港区南青山2-27-18 PASSAGE AOYAMA 2F(詳細・地図はこちら▶
アクセス:東京メトロ銀座線「外苑前」駅徒歩2分

参加費:5,000円(税込)/鏡リュウジメルマガ『プラネタリー夜話』ご購読の方は、4,500円

◎参加費は、当日、会場で現金にてお支払ください。

定員:45名(定員になり次第、締め切ります)

◎ご参加の皆さまには、歌占カード「特製 開運シール」をもれなくプレゼント!

◎当日、書籍『完全解説付き 歌占カード 猫づくし』の販売を行ないます。

主催:夜間飛行 協力:3rd_PAGE

今回は、占星術・神秘学研究の第一人者である鏡リュウジ氏を聞き手にお迎えするという大変貴重な機会です。お二人が占い・神託(オラクル)の起源に遡り、「占い」の本質に迫ります!旧暦の新年に向けて、ぜひ日本の神さまからメッセージをいただきましょう。

 

タロットやルノルマン等のカード占い、占星術、オラクルカードが好きな方、和歌の言霊を感じたい方、日本神話・神道に興味がある方に特におすすめします。

お申込みはこちら

 

日本では平安時代から神さまのお告げを和歌でいただく「和歌占い」=「歌占」が行なわれていました。

このころの歌占は、人々の求めに応じて、シャーマンであった巫女が神がかりしてお告げの和歌を詠み出すものでした。

 

今も神社のおみくじに和歌が書いてあるのは、それが神さまのお告げだからです。

 

江戸時代までは、人々に親しまれていましたが、その伝統は明治維新をきっかけにいつのまにか消えてしまいました。それはあまりにも惜しいので、伝統をふまえつつ新しく生まれたのが、この「歌占カード」です。

歌占カード

とは?

Copyright © Yakan-Hiko All Rights Reserved.

平安時代から巫者(シャーマン)に伝わる和歌占いで、神さまのメッセージをいただく!
この中の1枚をクリック!